DSC_9959.jpg

Mistress Youko

Private BDSM and Fetish Session  SPICE

SPICEの秘密


youkoです。 お待たせしました。やっと!始動できます。 mistress youko 個人調教「SPICE」始動です。 私はSMが好きです。 数ヶ月前にsm活動が一時休止してまった時 もういっそsmやめようかと一瞬考えました。 でも一瞬でその考えは消え去りました。 性癖は簡単に変えられない、私は中毒者のようにsmがやめられないのだということ。 SMが好きだからこそ、SMであれば何でも良い訳じゃない。 SMが好きだからこそ、自分の信念に沿った、自分らしいSMがしたい。SMが好きだからこそ そのコダワリを曲げたくない。 適当なSMクラブに入って納得のいかないプレイをしたり、そんな風にワタクシの大事な大事なS心を粗末に扱いたくない。 だったら もう 自分でやるしかない。と、思い一念発起。この「SPICE」を立ち上げました。

homepageのトップにSPICEという言葉について書いた通り、SMという非現実の世界は、非常に日常のスパイスになると思います。 そして私は辛い料理が好きなのですが、何で辛いのが好きなんだろう?その「辛さ」について調べている時にある説明を見つけました。以下引用です。

唐辛子の辛味を形成する主成分「カプサイシン」 カ プサイシンと言うと「辛い!」と思われる方が多いかと思われますが、実は無味無臭の物質で全く辛くはあり ません。 「辛い」と感じるのは、皮膚感覚を司る受容体をカプサイシンが直接刺激するからで、氷や熱い湯を「痛い!」と感じるのと同じで、この器官が感知し た情報を受け取った脳が「危険!」と判断し、警報を鳴らしているからです。つまり「痛い!」と感じていたのです。 辛味は、「味」としてではなく「痛み」として脳に伝えられ、脳はこの痛みから生体を防御する目的で、βエンドルフィンを分泌します。 このβエンドルフィンは脳内快楽物質とも呼ばれ、精神の高揚を招き、辛い物がますます好きなってしまうと考えられています。

ラ ンニング・ハイもこれと同じ生体反応で、過剰な運動で体細胞が崩壊する苦痛から生体を守る目的で、脳内で生成される一種の麻酔物質により、酔ったような 状態になることが確認されています。マラソン・ランナーはこの陶酔感のような気分を一度でも味わうと、このスポーツが病みつきになるようです。これは辛い もの好きと相通じるところがあります。

http://www.in-ava.com/hosoku05.html

この文章を読んだ時に、これは正しくSMだ!と目から鱗が落ちたのです。(この場合フィジカル的要素が強いですが。) 近頃の私は辛く無いとなんだか物足りない、もっと辛いの もっと辛いのが食べたい…と脳内快楽物質に完全に魅せられてしまった為に辛いもの欲に駆り立てられ続けている訳ですが、 SMも同じで 一度刺激的な快楽を知ってしまうと、その刺激がないと何だか物足りなくなっていくものです。 当然 だからと言って連日激辛料理を食べる訳ではなく、毎日基本的には慣れ親しんだ和食を食べつつ、たまに刺激を求めて辛い物を摂取する。 すると日々の食生活にメリハリが生まれます。 「和食と辛い料理」両方の美味しさ、両方の魅力 両方の良さが見えてくる。 ある意味対極にあるもののコントラストが映えてくるのです。 非日常という特別なスパイスの味を知れば、何気ない日常も活き活きと輝いてくる。 そのコントラストが素敵だと私は思います。 そんな訳で スパイス って名前にしました。 マゾ諸君、これからも宜しくね。長らく会っていなかった子は、これを機に必ず再会しましょうね。

#blog

  • Twitter
  • Instagram
  • アマゾン - ブラックサークル
  • YouTube
NEW POST

WWW.SPICE-BDSM.COM

当サイトに掲載されている画像・データ・文章の無断での転載や複製を禁じます。  18歳未満の閲覧は固くお断りします。