DSC_9959.jpg

Mistress Youko

Private BDSM and Fetish Session  SPICE

撮影後記


私は鞭が好き。 だからこそ、普段あまり鞭を使わないの。ペチンペチンと手加減して打つとフラストレーションが溜まるからね。(特にフェチ系の人は痛みが苦手な人が多いし。そういう人には使いません。) でも今回ばかりは思いきり気が済むまで打たせてもらいました。 いつもは撮影だとつい思考が先行してしまう、緊張で気が張って頭がいっぱいになってしまうのだけれど、 そんな理性が吹っ飛んでしまう程 魅せられて私自身がブッ飛んでしまう鞭打ちの快楽。 撮影中もどんどん自分がエキサイトしていくのを感じて、感嘆の声が洩れてしまう程。こんなことは初めてかもしれない。心からの高揚と沸き立つ興奮、これが無いとね。 初対面のお相手Mの方は今までギブアップしたことが無いらしい。それを撮影後聞いて、どうしたら彼を打ちのめせるのか、想像が膨らみ、更に興奮が沸き立ったのも事実。 人それぞれ女性にお仕えする形は様々だと思います。 私は全員が全員、痛みに強ければ良いとは思いません。身体的に強ければ良いかと言えばそうでも無いもの。 大事なのはお仕えする心であって、それぞれが得意な分野で私を楽しませてくれたら良いのです。 でも、主人が好きな事は何かってことも、忘れないでいて欲しいわ。 今回は主従関係に重きを置いたものも撮らせてもらいました。 原点は大事、主人に尽くす心あってのSMと私は思います。 それは言動や行動一つ一つに表れるものです。最初から完璧にやれ!とは言いませんが、細かな所作や言葉から忠誠を示してくれると私は嬉しく思います。

嗚呼、心から本当に楽しんでやれた撮影でした。何か清々しさも覚える位。 関係者の方々に感謝致します。 SMがずっと好きでいて良かった。 公開は秋くらい?と、ちょっと先になってしまうのでマゾ達は待っていてね。

三和出版さんから頂いた雑誌「女神の愛」の中から、某マゾ奴隷が絶対好きそうな記事を見つけたので。

#blog

  • Twitter
  • Instagram
  • アマゾン - ブラックサークル
  • YouTube
NEW POST

WWW.SPICE-BDSM.COM

当サイトに掲載されている画像・データ・文章の無断での転載や複製を禁じます。  18歳未満の閲覧は固くお断りします。